【減らない煽り運転】もし被害に遭ったらどうしたらいい??危険な煽り運転の予防と対策

  • 人気ブログランキング

最近のニュースでお茶の間に恐怖を与えている「煽り運転」 ニュースでドライブレコーダーの映像が映し出されると「もし自分がこんな目に遭ったら…」と、画面越しになんとも言えない怖さを感じちゃいます。

免許を取得して間もない若者や女性などは、特に恐怖を感じるのではないでしょうか。

 

しかしこれだけ毎日のようにニュースとして取り上げられている「煽り運転」ですが、未だに無くなる気配はありません。正直言ってこのままじゃ「明日は我が身」って思っちゃいますよね(;´・ω・)

そこで今回は「煽り運転の被害に遭ってしまったらどうしたらいい??」をテーマにして、予防と対策についてお話していこうと思います。

 

どうされたら煽り運転??

結局のところ「煽り運転」の基準は何だろう…。 何でもかんでも煽り運転と決めつけるのもよろしくないし…。

ってことで、まずは「煽り運転はこういう事をされる」ってな事をいくつか挙げていくので、あなたも今までされた事があるかどうかを思い返してみよう。

 

  • 車間距離を詰められて「もっと早く走れよ~!!」的な挑発をされた
  • 横に並んだ時にわざと車体を幅寄せしてきて「進路妨害」された
  • 後ろからしつこくクラクション(パッシング)を鳴らされた ※パッシングとはライトのハイビームを高速で点滅させる行為
  • 無理やり前に割り込んできて更に急ブレーキを踏まれた

 

どうですか?? あなたは心当たりありました??

全く腹立ちますよね(怒)

今こうやって記事を書いてるだけでイライラしてきちゃいました(;^_^A

一旦落ち着きましょう~ はいっ!!深呼吸~~~(*^-^*)

 

やっと煽り運転の罰則が明確化されました

このムカつく「煽り運転」ですが、最近まで法律による明確な規定がなかったんです!!

これだけ危険な行為でいろんな方に恐怖をもたらす煽り運転なのに、罰則が無かったって…

そんな事だからおバカな輩が調子に乗って、堂々と危険な煽り運転をするんですよ!!!(怒)

 

しかし2020年6月30日に施行された「改正道路交通法及び施行令」によって、やっとの事で違反行為が明確化されて罰則が創設されました。

 

煽り運転の対象となる違反行為を挙げて行きましょう!!

 

  1. 通行区分違反【対向車線にはみ出す】
  2. 急ブレーキ禁止違反【不要な急ブレーキをかける】
  3. 車間距離不保持【車間距離を極端に詰める】
  4. 進路変更禁止違反【急な進路変更】
  5. 追い越し違反【左からの追い越し】
  6. 減光等義務違反【執拗なパッシング】
  7. 警音器使用制限違反【不必要なクラクション】
  8. 安全運転義務違反【幅寄せや急な加減速】
  9. 最低速度違反(高速自動車国道)【高速自動車国道の本線車道での低速走行】
  10. 高速自動車国道等駐停車違反【高速自動車国道や自動車専用道路での駐停車】

 

上記の煽り運転をした場合には3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられて、更には免許取り消しになります。

また高速自動車国道等で他のクルマを停止させるなどの著しい交通危機を生じさせた場合には、5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられて、もちろん免許取り消しになります。

 

実際に煽り運転をされたらどうしたらいい??

もし!! あなたも煽り運転に巻き込まれてしまったら!! 考えたくはないけど、万が一に備えて対処法を挙げて行きましょう。

よ~く覚えておきましょう!!

 

  • 車線変更して道を譲る
  • 十分な車間距離を保つ
  • その場で緊急通報する
  • 安全な場所へ避難する
  • クラクションは絶対に鳴らさない
  • 急ブレーキはかけない
  • 絶対に外に出ない
  • 煽り返さない

 

車線変更して道を譲る

基本的に「煽られるターゲット」にならない様に心がける事が大事になってくるんです。

「一般道でのんびり走っていたら後ろから煽られた」のケースの場合、後ろのヤツは早く先に進みたいだけの事であなたを煽ってきます。その場合は周囲の状況を見て、左にウインカーを出してゆっくり減速していけば、後ろのヤツは勝手にあなたを追い越していってくれます。

また高速道路などで追い越し車線をのんびり走ってしまうと、大抵かなりの確率で後続車に煽られます。

その場合は速やかに車線を変更して道を譲りましょう。

 

十分な車間距離を保つ

前を走るクルマが不意な急ブレーキや蛇行運転などをしている場合は、とにかく十分な車間距離を保つことを心がけましょう!

そういう事をするヤツらは正気な思考回路を持ち合わせていないので、どんな行動をとってくるかわかりません。

なのでとにかく十分な車間距離を保って、いつでも回避できる様な状況を作っておきましょう。

 

その場で緊急通報する

急に前に割り込んできて急ブレーキを踏んでみたり、信号待ちでクルマを降りて怒鳴りつけてくるなどの身の危険を感じた場合には

すぐその場で110番通報しましょう!! 仮にそれが運転中であっても、その場合の携帯電話の使用は道路交通法にはあたりません。

もし同乗者がいる場合には、その方に通報を依頼をして警察に通報しましょう!!

 

安全な場所へ避難する

なかなか道を譲る状況でなかったり、あまりにもしつこい煽り運転をされている場合には、安全な場所に避難するようにしましょう。

この場合の「安全な場所」とはコンビニ・ガソリンスタンド・ショッピングセンター

高速道路であれば、パーキングエリア・サービスエリアなどの事を指します。

要は「ほかに人がいるところ」という事です。

 

クラクションは絶対に鳴らさない

執拗な煽り運転で時にはこちらもイライラしてしまう事もあるかもしれませんが、どんな場合でもクラクションは絶対に鳴らしてはダメです!! 煽り運転をしてくるようなヤツに対してクラクションなんか鳴らして抵抗してしまうと、間違いなく相手は逆上して余計に面倒な事になります。

頭に来てもここはグッと我慢して、とにかく耐えましょう。

 

急ブレーキはかけない

煽り運転をされている時は急ブレーキをかける事はやめましょう。

ブレーキをかける事で後ろから煽ってくるクルマに追突されたり、無関係のクルマを巻き込んでしまう恐れもあります。

 

絶対に外に出ない

最近の煽り運転は特にタチが悪く、信号で停まった際に何を勘違いしているのか分からないけど

大声で怒鳴り散らしながら「俺を怒らせたら怖いんだぞ~」オーラを出しまくってこちらに近づいてきます。

中には実際に暴行を加えようとする救いようのないおバカさんもいるので、そんな時はドアロックと窓はしっかりと閉めて

仮に愛車を攻撃されたとしても、絶対に外に出てはいけません!! そのままこっそり動画でも撮って、警察に通報しましょう。

 

煽り返さない

「煽られたら煽り返す!!倍返しだ!!」そんな半○直樹みたいな考えは絶対に起こしてはいけません。

そんなことをしたら余計に相手の感情を逆なでするだけです!! 大体そんなことをしてくる輩は通常の思考回路は持ち合わせていないので、更に異常で執拗な煽り運転をしてきます。(間違いなくそうなります)

仮にそんなことをして事故でも起こしちゃった日には、あなたも「加害者」になってしまいますよ。

そうならない為にも「売られた喧嘩は絶対に買わない」の精神で行きましょう。

 

 

あなたが原因を作ってしまっている可能性も…

煽り運転をしてくるヤツはが絶対的に悪いんだけど、実のところあなたにも原因があるかも…。

もちろんあなたは「そんなつもり」が無くても、相手からしたらどんな事で煽りスイッチが入ってしまうかわかりません。

ここでは煽り運転の「誘発行動」についてお話していきましょう。

 

  • 進路変更に伴う急な割り込み
  • 急ブレーキ・急発進
  • 追い越し車線の継続的な走行
  • 「サンキューハザード」の意識低下

 

進路変更に伴う急な割り込み

「ヤバい!この交差点を曲がるんだった!!」ってな事で後方確認を怠って急な割り込みなどをしてしまうと、相手によっては「危ねーじゃねーか!この野郎め!!」ってな具合で煽りスイッチがオンになってしまう可能性があります。

そんな時は無理やり曲がらず、回り道するなどして安全に目的地を目指しましょう。

 

急ブレーキ・急発進

不用意な急発進や急ブレーキは周りを驚かせてしまうので非常に危険な行為です!

急ブレーキは後続のクルマにも連鎖してしまうので、怒った相手の煽りスイッチが入ってしまう可能性もあります。

 

追い越し車線の継続的な走行

高速道路などでよく見かける光景として「追い越し車線をずーっと走っているクルマ」っていますよね。あれも何気に煽り運転が起こる原因の一つです。

基本的に追い越し車線を継続的に走行する行為は「通行帯違反」で道路交通法違反になります。

原則追い越し車線は「追い越しをする為の車線」なので、追い越しをおこなったら速やかに走行車線に戻りましょう。

 

「サンキューハザード」の意識低下

本線合流や急な進路変更などに対応してくれた後続車に対し「お礼」を怠った事で煽り運転に繋がってしまう事もあります。

俗に言う「サンキューハザード問題」ですね。

サンキューハザードをしなかった事で「なんだよ!譲ってやったのにお礼も無しか!!」って感じになっちゃいます。

今の日本ではサンキューハザードは結構浸透しているので、とりあえず譲ってもらったらハザッちゃいましょう。

 

自分がまさかの煽る側??

これまで煽り運転をしてくるおバカさんの事をたくさん書いてきましたが、場合によってはあなたも知らない間に「煽る側」になってしまっている可能性も十分にあります。

これまで書いてきた内容を再確認して「あっ、これって俺もやってるかも」って思ったら、すぐに改善していきましょう。

あなたにそのつもりは無くても、相手からしたら「これって煽られてる??」って思われちゃうかもしれないですからね。

とにかく、一番大事な事は…

当たり前ですが、心に余裕をもって安全運転に勤めましょう~~!!って事に尽きますね(*^-^*)

 

 

くろぼんの独り言

独り言だから…まぁいっか…。

ここだけの話、私も若かりし頃は「煽り運転」まがいの事をした事があった様な気がします。今思えば、あれが煽り運転だったのかなぁと…本当に何が楽しくてやってたんだか。

もちろん今ではいい年になって、安全運転の魔術師とまで…は言われてないけど(;´・ω・)

ここまで読んでもらっているあなたも少しでも心当たりがあったら、煽り運転はやめましょうね。

大なり小なり何かしらの心当たりもある事でしょう!

煽り運転なんてカッコよくも無いし、危ないだけで何の得にもならないんだから。

 

 

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ