変更・登録

自動車の名義変更方法について「元車買取屋店長」が分かりやすく説明します!

  • コピーしました

この記事は…

自動車の名義変更の必要性や、名義変更方法を知りたい方に向けて発信しています

この記事を読むと…

自動車の名義変更方法についての知識を得ることが出来ます

 

最近では「ヤフオク」はもちろん、「メルカリ」などのフリマアプリでもクルマが買えちゃう時代です。

場合によっては販売店などで購入するより安価で購入できるケースも多いので、フリマアプリでクルマを購入する方も非常に多くなっています。

 

ただこのような個人売買で注意しないといけないのが、「名義変更」です。

名義変更を怠ると、あとあと非常に面倒な事態に巻き込まれる可能性もあります。

個人売買だけではなく、ご結婚などで苗字が変わる場合も同様です。

 

クルマの「個人売買」やクルマを「譲り受けた」場合、以前の所有者の名義からあなたの名義に変更する義務があります。

しかし名義変更と聞くだけで「難しそう」「面倒くさそう」などのイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

 

この記事にたどり着いたあなたも、きっとその一人ではないかと推測します (^-^)

そこで今回は「自動車の名義変更方法」について、出来る限り分かりやすく解説していきます。

 

きっとあなたの役に立てる内容の記事となっているので、最後まで読んで見て下さい!!

 

 

自動車の名義変更が必要になるケース

 

先ずは、自動車の名義変更が必要になるケースについて解説します。

 

名義変更が必要になるのは…

  1. 家族や友人からクルマを譲り受けたり、個人売買でクルマを購入したりした場合
  2. 結婚などにより氏名を変更する場合

の2種類があります。

 

そして前者の変更を正式には「移転登録」、後者では「変更登録」と言います。

ぶっちゃけ名義がそのままでも、クルマに乗り続けることはできますし車検に出すことも可能です。

 

しかしクルマを売却したり廃車にしたりする場合には、所有者になっておかないと諸々の手続きがスムーズに運ばない可能性が高くなります。

 

あなたの場合は1.2.のどちらでしたか?

どちらかに該当しているのであれは、早急に名義変更が必要です!!

 

自動車の名義変更は15に日以内に!

 

実はクルマの名義変更の期間については、道路運送車両法13条1項でまとめられています。

「クルマが自分のものになった時点から15日以内」と定められているため、所有者が変わった際はすみやかな名義変更が必要です。

 

注意!!

道路運送車両法によって定められた期間内に名義変更を行わなかった場合、または虚偽の名義変更を行った場合は、50万円以下の罰金が科せられます(道路運送車両法第109条2項)。

相続や結婚・離婚の場合も、15日以内に手続きが必要なので注意が必要です。

 

自動車の名義変更に必要な書類

 

では実際に自動車の名義変更に必要な書類について解説していきます。

前述しましたが名義変更は「15日以内」が鉄則になるので、多少面倒でも即実行しましょう!

 

普通自動車の名義変更に必要な書類

名義変更で事前に用意しておく必要がある書類は以下の6種類です。

 

  1. 車検証車検証(有効期限内のもの)
  2. 譲渡証明書旧所有者の実印が押されているもの
  3. 委任状(新所有者・旧所有者 各1通 ※実印が押されているもの)
  4. 実印・印鑑証明書(発行から3か月以内、新所有者・旧所有者 各1通)
  5. 車庫証明書(発行から1か月以内のもの)
  6. ナンバープレート(管轄地域が変わる場合)

※「譲渡証明書」「委任状」などは、下のリンクからもダウンロードする事もできます。

 

委任状

譲渡証明書

 

注意!

赤字になっているものは、「旧所有者」にも協力してもらわないといけない書類です。

必要な書類を漏れなく受け取るには、正式に譲渡を受ける前から書類の具体的な内容や引き渡しの手順について話し合っておくとよいでしょう。

 

軽自動車の名義変更に必要な書類

せっかくなので、軽自動車のケースも解説していきますね!!

軽自動車の名義変更に必要な書類は以下の4種類です。

 

  1. 車検証(有効期限内のもの)
  2. 申請依頼書(新使用者・新所有者・旧所有者分 各1通)
  3. 新しい所有者の住所を証明する書類(印鑑証明書ないし住民票の写し)
  4. ナンバープレート

※申請依頼書は、下のリンクからもダウンロードできます

 

申請依頼書

軽自動車では、令和3年1月4日より名義変更時の押印が廃止されました。

最低限の書類でスムーズに名義変更できる点は、軽自動車ならではの利点ですね!

ただし「所有者以外の方が申請する場合」は、印鑑つきの委任状が必要となるので注意が必要です。

なお管轄の運輸支局が変わる場合は、ナンバープレートを忘れずに持参しましょう。

 

自動車の名義変更場所

 

次は実際に名義変更をする場所について解説します。

 

普通自動車は陸運支局

普通自動車の名義変更の場合、「運輸支局」や「検査登録事務所」で手続きができます。
運輸支局とは、交通や運輸に関する手続きを行う行政機関のことを指します。

 

検査登録事務所とは、運輸支局の機関で自動車の検査や登録を行っているところになります。
しかし実際のところは、上記の2つの機関をひっくるめて「運輸支局」と呼ぶことを覚えておきましょう。

 

運輸支局の営業日・営業時間は管轄の場所によります。
自身の管轄の運輸支局の場所を確認し、事前に営業時間を把握しておくことが必要です。

軽自動車は軽自動車検査協会

軽自動車の名義変更の場合、「軽自動車検査協会の事務所・支所」で手続ができます。

 

運輸支局と同様に管轄の事務所・支所により営業日や時間が異なります。

事前に確認しておきましょう。

 

自動車の名義変更の実際の流れ

 

ここまでくれば、もう少しで名義変更が完了します!

ここでは実際の名義変更の流れを順を追って解説していきます。

 

申請書の作成

事前に準備した書類を用意したら、手続きをする場所へ行き申請書などの記入をします。

通常「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」「申請書(第1号様式)」の3枚を用意します。

 

なおこの3枚の書類は、運輸支局の窓口でもらうことが可能です。

更に記入方法に関しては運輸支局内に記入例の見本があるので、それを見ながら記入できます。

 

印紙の購入

移転登録手数料として、運輸支局内の印紙販売窓口で手数料分の印紙を購入する必要があります。
印紙を購入したら「手数料納付書」に貼り付け、必要な書類一式とともに窓口に提出しましょう。

 

なお、軽自動車の場合は移転登録手数料がかからないため、印紙の購入および貼り付けは不要です。

 

車検証を受け取る

提出した書類一式に不備がなければ、即日車検証を受け取れます。

 

ただし月末は窓口が混む傾向があるため、交付されるまでに1時間以上待たなければならないかもしれません。

なるべく混む時期を避けることと、時間に余裕をもって手続きに行きましょう。

 

交付された車検証(自動車検査証)は記載ミスがないかすぐに確認することも大切です。
ミスがあればその場で指摘することで、再び足を運ぶ手間を減らせます。

 

税事務所へ申告

運輸支局内にある自動車税事務所に、名義変更をした旨を申告します。

 

税事務所の窓口では、作成した自動車税・自動車取得税申告書と交付された新しい車検証を提出します。

ナンバープレートの変更がなければ、名義変更の手続きが終了です。

 

一方でナンバープレートの変更が必要な場合は、ナンバープレートを取り換える必要があります。

運輸支局内のナンバー返納窓口にナンバープレートを返納し、新しいナンバープレートを購入しましょう。

 

その後、取り付けたナンバープレートに封印をしてもらいます。(軽自動車には封印はありません)

車検証と自動車が同一だと確認でき、リアナンバーが封印されたら、名義変更の手続きは全て終了となります。

 

自動車の名義変更にかかる費用

 

最後に気になる費用についてお仕えしておきます。

地域によって多少の誤差が生じる事も考えられるので、あくまで概算としてとらえて下さい。

 

普通自動車の名義変更にかかる費用

普通自動車の名義変更手続きを自分で行った場合の費用は、合計で4,000~5,000円程度と考えて下さい。

 

内訳として

移転登録手数料(印紙代)が500円

車庫証明書の取得費用が2,000円前後

車を使用する管轄地域が変わる場合は、ナンバープレート代として1,500円前後

 

軽自動車の名義変更にかかる費用

ちなみに軽自動車の場合は事務手数料がかからないため、基本的には無料です。

しかし管轄が変わる際にはナンバープレート代の1,500円前後が必要になります。

 

注意点として、地域によっては車庫証明書の取得費用がかかります。

 

まとめ

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました (*^▽^*)

名義変更は速やかに行うことで、自分も相手(旧所有者)も守ることが出来ます。

 

正直なところ…名義変更をしなくても、クルマを走らせる事は出来ます。

しかし事故や盗難などに遭ってしまった時は、非常に厄介な事になります。

 

もし分からない事がある時には、お気軽にコメントください。

しっかりと答えさせて頂きます (#^.^#)

 

 

 

  • コピーしました

この記事を書いた人

くろぼん

くろぼんと申します。 自動車販売店・自動車買取店の店長の前歴を持ちながら 現在はとある業種の事務方をやっております。 主に初めての自動車に関する出来事について自分が思った事や、あなたに伝えたい事・あなたが知りたい事・豆知識などを発信していきます。 何か少しでも今後のお役に立てばこれ幸いでございます(*^-^*)

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
サイト内記事はここから探せます
今注目のカーリース!!

https://carlike-crossbond.net/2023/01/26/kinto/

輸入車売るならココ!!

https://carlike-crossbond.net/2022/07/05/gaisya-master/

何となく分けてみました
Brother Blog Site

ポチっとして頂けるとブログ更新の励みになりま~す
にほんブログ村ランキング

人気ブログランキング

Twitter Time Line
過去記事のかずかず