改造

クルマのエアロパーツの必要性やメリット・デメリットについて解析!!

  • コピーしました

~クルマのエアロパーツの必要性やメリット・デメリットについて解析!!~

 

クルマの改造で一番最初に頭に浮かぶのは「エアロパーツ」ではないでしょうか??

車にエアロパーツを装着する事で外観のイメージもガラッと変わり、一撃でカッコ良くする事が出来ますよね(*ノωノ)

 

しかしエアロパーツの装着にも少なからずともメリット・デメリットが存在します。

そこで今回はエアロパーツの必要性やメリット・デメリットなどをお話していこうと思います。

 

これから愛車にエアロパーツの装着を検討している方は、是非参考にして見て下さい。

 

 

そもそもエアロパーツを装着する理由とは?

 

エアロパーツとは主に空気抵抗を軽減させるために考案された自動車に装備するパーツを指します。

分類分けすると「空気抵抗を軽減させるなどのレーシングカーに使用される場合」と、「一般車のドレスアップ用に使用されるパーツ」に分類されます。

 

主に空気抵抗を軽減する事により、燃費を向上させたり冷却性能をアップさせることがエアロパーツの役割となります。

価格帯も幅広く、1万円未満~30万円以上する物もあります。

 

 

エアロパーツの種類と効果

エアロパーツは種類も豊富で価格帯もバラバラなのが特徴ですが、ここではエアロパーツの代表的な4点【フロントスポイラー】【リアスポイラー】【サイドスカート】【リアウイング】について説明していきましょう!!

 

 

フロントスポイラー

クルマのフロントバンパー部分に装着するエアロパーツの事を指し、主に前面から車体下に入り込もうとする気流を防ぐ役割があります。

また空気の流れをブレーキ部分に導く事で、ブレーキの冷却性能を向上させるタイプの物もあります。

 

更にフロントスポイラーは大きく2つに分かれていて、フロントバンパーと一体になった物を「フロントバンパースポイラー」純正バンパー下部に装着する物を「フロントハーフスポイラー」などと呼んだりします。

 

 

リアスポイラー

クルマの後方に装備するエアロパーツの事を指し、クルマの上を流れてきた気流の空気抵抗によってダウンフォースを得る役目を果たしているパーツです。

後方にできる気流を抑えて後輪のグリップ力を上げる事により、加速を向上させることも特徴の一つです。

 

また車両後部で発生する渦を軽減し、空気の流れを整えてくれることがポイントとなります。

 

 

サイドスカート

クルマの両側側面下部に装備するエアロパーツの事を指し、ボディのサイドからフロア下に流れ込もうとする空気を防ぐ事で、より効率的に後方へ流れるよう整流するためのパーツです。

 

ただし、どちらかというとドレスアップパーツ的な役目というケースの方が多く、装着する事で視覚的に車高が低く見えるのが特徴です。

 

 

リアウイング

リアスポイラーと同じ場所に設置するエアロパーツです。

 

リアウイングは飛行機の翼を上下反転させた形状をしていて、飛行機の翼が上へ上がろうとする揚力を発生させるのに対し、車を下に押し付けるより大きなダウンフォースを発生させます。

 

 

エアロパーツのメリット・デメリット

 

装着する事で見た目がカッコよくなったり色々な効果をもたらすエアロパーツですが、やはりメリット・デメリットもあります。

 

ここではエアロパーツを装着する事によって発生するメリット・デメリットについて解説していきましょう!!

 

 

エアロパーツのメリット

 

メリットとしては高速走行時にダウンフォース(クルマを道路に押さえつける力)を得られるので、安定した走行が可能となります。

また直進走行時だけでなく、カーブの走行や高速から急減速の際にも十分な効果が期待出来ます。

 

更に車種に適合した性能を備えたエアロパーツは、燃費改善効果も得る事ができます。

 

外観面に関しても多くのエアロパーツはデザイン性が考慮されているので、装着することでクルマのスポーティさや高級感が増すといったドレスアップ効果があり、ドライブ時の気分が上がることは間違いありません!!

 

 

エアロパーツのデメリット

 

実際のところエアロパーツは、約80~100キロ以上の速度で走行しないと実際の効果が得られません。

その為、普通に街中を走っているだけでは空力的な効果はほぼ感じられないと思っていた方が良いでしょう。

 

またドレスアップ効果を中心に考えたエアロパーツには、逆に空気抵抗を増してしまう物もあります。

その場合は加速や燃費に悪影響を及ぼすことになり、装着の仕方が完全でないと脱落や車体の破損につながることもあるので注意が必要です。

 

 

取り付けを業者に依頼した場合の費用の目安

 

エアロパーツを購入して更に取り付けを業者に依頼する場合には、パーツの代金と別に取付工賃費用がかかります。

ここでは参考までに取り付けにかかる費用の目安を紹介していきます。

 

あくまでも目安なので、実際に依頼する際には事前に業者に問い合わせる事をおススメします。

 

※価格は消費税別です

パーツ名 取付工賃 塗装費
フロントスポイラー ¥6,000~/個 ¥150,000~/個
サイドスカート ¥10,000~/個 ¥30,000~/個
リアスポイラー ¥8,000~/個 ¥15,000~/個

 

まとめ

エアロパーツは性能面でも外観面でも優れているパーツですが、正直言って「安い買い物」ではないので購入には十分検討した方が良いと思います。

多くの方はドレスアップがメインで装着する方がほとんどだと思いますので、実用的に乗れる範囲でのエアロパーツの方が良いでしょう。

 

せっかく高いお金を支払って装着しても、走行に影響が出てしまっては元も子もないですからね(;^_^A

 

くろぼんの独り言

私はやはりクルマはカッコよく乗りたい派なので、お金があるなら間違いなくエアロパーツは装着したいです(#^^#)

そして私も間違いなく「ドレスアップ」目的になるので、他の人が付けていない様なエアロパーツを必死になって探すでしょう( *´艸`)

 

ちなみに今乗っているクルマは車高を下げて尚且つフロントスポイラーを装着しているので、フロントスポイラーの下面はガリガリ君になっています~(´;ω;`) エアサス入れたい…。

 

  • コピーしました

この記事を書いた人

くろぼん

くろぼんと申します。 自動車販売店・自動車買取店の店長の前歴を持ちながら 現在はとある業種の事務方をやっております。 主に初めての自動車に関する出来事について自分が思った事や、あなたに伝えたい事・あなたが知りたい事・豆知識などを発信していきます。 何か少しでも今後のお役に立てばこれ幸いでございます(*^-^*)

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
今注目のカーリース!!
輸入車売るならココ!!
何となく分けてみました
Brother Blog Site

ポチっとして頂けるとブログ更新の励みになりま~す
にほんブログ村ランキング

Twitter Time Line
過去記事のかずかず