【EV】電気自動車のメリット・デメリットを徹底解剖!!

  • 人気ブログランキング

~EV 電気自動車のメリット・デメリットを徹底解剖!!~

 

ガソリン車からハイブリット車、そして時代はEV車へ…。何年後かには世の中のクルマは、ハイブリット車とEV車のみになってしまうのでしょうか??そこで今回は電気自動車「EV」について徹底解剖していこうと思います!!これからEV車の購入を検討している方は是非とも参考にして見て下さい!!

【EV】電気自動車とはどんなクルマ?

電気自動車とは、その名の通り電気で走る車です。「Electric Vehicle」の頭文字を取って「EV」と呼ばれることもあります。

ガソリンを利用してエンジンで走る自動車とは異なり、電気自動車は充電した電気を利用してモーターの力で自動車本体を動かしています。



他のエコカーとの違い

電気自動車の他にも現在では色々なエコカーが存在します。せっかくなので、ここではそれぞれのエコカーの特徴なども紹介していきましょう。

 

ハイブリット車【HV】

ハイブリッド車は、「ガソリンと電気の動力源で走行する自動車」です。「Hybrid Vehicle」の頭文字を取って「HV」と呼ばれています。ガソリンエンジンと電気モーターの2つの動力を備えており、これらを効率的に使い分けたり組み合わせることで低燃費・長距離走行を実現しています。またハイブリッド車の電気モーターは燃費を良くするための補助的な役割となっているため、コンセントからの充電はできず、ガソリンを給油する必要があります。

 

プラグインハイブリット車【PHV】

プラグインハイブリッド車は、「電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)の良いとこ取りをした自動車」で、ハイブリット車(HV)が充電できるようになった自動車です「Plug-in Hybrid Vehicle」の頭文字を取って「PHV」と呼ばれます。エンジンと電気モーターの2つの動力を持ち、ガソリンだけでなく、充電スタンドや家庭用コンセントから充電が可能です。

 

クリーンディーゼル車【CDV】

クリーンディーゼル車は、「軽油を燃料として動く自動車」です。従来のディーゼル車は排出ガスが原因による大気汚染が大きく問題視されていましたが、クリーンディーゼル車は排出ガスに含まれる大気汚染物質の排出が大幅に削減されています。軽油はガソリンよりも安価なため、近年は乗用車も車種が充実してきています。

 

【EV】電気自動車のメリット

電気自動車のメリットを紹介していきましょう!!

 

  • とにかく環境にやさしい
  • 思った以上にストレスがない
  • コスパが良い
  • 蓄電池にも利用できる
  • 減税・補助金が受けられる

 

とにかく環境にやさしい

電気自動車は文字通り電気の力のみで走る為、二酸化炭素などのガスを排出しません。そのため大気汚染の心配がなく、環境に優しいエコな車と言えます。

 

思った以上にストレスが無い

電気自動車は動きが非常に滑らかな点も魅力です。電気自動車のモーターは加速性能が高いので、走り出し時や加速時もスーッと滑らかに発進します。ガソリン自動車と比べると振動も少なく、長距離移動でも疲れづらい特徴があります。

 

コスパが良い

電気自動車の動力源は電気のため充電するにあたり電気代がかかりますが、同じ距離を走行した場合ガソリン自動車よりも電気自動車の方が安くなる可能性が高く、ランニングコストを抑えることができます。

ワンポイント

充電用コンセントを自宅で所有する場合は、深夜料金が割安になっているプランに変更し、深夜に充電を行うことで更に電気代を抑えることも可能です。
また、電気自動車は整備する項目がガソリン自動車と比較して若干少ない分、車検の費用も安くなる傾向にあります。

 

蓄電池にも利用できる

災害時などで、電気が使えない時にクルマの電気を非常用電源として利用することができます。自然災害の多い日本では、電気自動車があれば万が一の時でも安心出来ます。またアウトドアで外を明るく照らす電源として利用したり、髪を乾かすドライヤーの電源としても使うことができます。

 

減税・補助金が受けられる

電気自動車の購入に関しては補助金や減税制度が充実しており、購入の際は国と自治体から補助金を受けることができます。車両やお住いの地域によって条件が異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

【EV】電気自動車のデメリット

メリットだけをみると非常に素晴らしい電気自動車ですが、もちろんデメリットもあります。購入にはデメリットも十分理解した上で検討された方が良いでしょう。

 

  • 車両価格が高い
  • 充電時間が長い
  • 航続距離がガソリン車に比べると短い
  • 車種のラインナップが少ない

 

車両価格が高い

メリットもたくさんある電気自動車は性能が良いだけに、どうしてもガソリン車と比べると高価になってしまいます。いくら国と自治体の補助金を受けることができても、車両価格自体がネックになり購入を考えてしまう場合も多いようです。

 

充電時間が長い

電気自動車の充電はフル充電までに8時間は必要と言われています。ガソリン車の給油なら5分程度で終わると考えると、かなり時間の差があります。仮に急速充電を使用した場合でも、少なくとも1時間くらいは時間がは必要になるでしょう。

 

航続距離がガソリン車に比べると短い

電気自動車の航続時間は、ガソリン車と比べると短い傾向にあります。ガソリン車は平均で500km~600km、中には1,000Kmも走行可能な車種もありますが、電気自動車の場合1回の満充電で走行できる距離はおよそ200~600kmの走行が限度となります。ですので旅行などで県をまたぐ様な長距離運転をする場合には、電気自動車の場合は各地の充電スポットの確認は欠かせなくなるでしょう。

 

車種のラインナップが少ない

現在の電気自動車は4〜5人乗りのものが主流で、ワゴン車のように家族がゆったりと座れるものはまだ多く販売されていません。

家族が多い人や、たくさんの仲間と出かける事が多い人にとっては好みの車種が探しにくいのが現状です。ただ今後は電気自動車の普及も進む事が考えられるので、この先のラインナップに期待するのも良いでしょう。

 

電気自動車の充電について

通常充電

通常充電にはコンセント型充電ケーブル付のタイプがあり、充電器の電圧(100Vまたは200V)や車種により変動はありますが、約4~8時間程度で充電が完了します。設置場所としては主に自宅での利用や商業施設、コインパーキングなどに多く設置されています。

 

急速充電

急速充電の場合は電池がほぼ空に近い状態から80%まで充電するのに約30分~1時間程度で充電が完了します。また急速充電はバッテリー残量がほとんど無い緊急時や、業務用で車両を頻繁に利用する場合を想定したものとなっており、短時間で充電をする必要がある高速道路のSA、PA、道の駅、カーディーラー、ガソリンスタンドなどでの設置が進められています。

 

充電時間 設置場所
普通充電(コンセント200V) 約8時間 自宅・商業施設・コインパーキングなど
普通充電(充電ケーブル200V) 約4時間 商業施設・宿泊施設・コインパーキング・ディーラーなど
急速充電 約15分 SA・PA・道の駅・ガソリンスタンド・ディーラーなど

まとめ

ハイブリット車とは違い100%電気で走る電気自動車は、間違いなくこれから先の主流となっていくでしょう。しかしまだまだ電気自動車が普通に走れる環境が整っていないのが現状なので、購入に関して検討する場合には先を見越して行う事をお勧めします。メリットはたくさんある電気自動車なので、環境さえ整ってしまえばあとは車両価格だけの問題になるでしょう。まぁそれが一番の躊躇するポイントなんですけどね~(*^-^*)

 

くろぼんの独り言

ハイブリット車や電気自動車は先を見据えて考えれば、間違いなくマストではないかとは思います。しかし私個人的な考えとしては、クルマはやはり「エンジン音」や「振動」があってのクルマではないかと考えてしまいます(;^_^A ガソリンは値段がどんどん高騰しているし、これから先はガソリン車の方が維持が大変な時代が必ず来るとは分かっていても…まだまだ私は電気自動車に乗るのは先のお話になってしまうかなぁ~。

注目記事

 

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
話題のマイカーリースはコチラ

何となく分けてみました
DIYでガラスコーティング!!

ポチっとして頂けるとブログ更新の励みになりま~す        ( *´艸`)
にほんブログ村ランキング

人気ブログランキング

過去記事のかずかず
アンケートご協力お願いします

ページの先頭へ