【タイヤ買取ナンバーワン】評判やメリット・デメリットなどを一挙公開

~タイヤ買取ナンバーワン 評価やメリット・デメリットなどを一挙公開~

 

タイヤ買取ナンバーワン」あなたはご存じですか??

今回はズバリ「タイヤ買取ナンバーワン」の評判やメリット・デメリットなどを一挙公開していこうと思います(^-^)

呼んで字の如く、タイヤの買取りなどを行っている企業ですが、実際にどのようなサービスを行っているのかを今回は深堀していこうと思います!!

タイヤの処分に困っているあなたには朗報になるかもしれませんよ(*^▽^*)

 

【タイヤ買取ナンバーワン】ってどんな業者??

まずは「タイヤ買取ナンバーワン」とはどのような業者なのか!! 特徴やメリットを一緒に確認していきましょう。

 

  1. 会社概要
  2. タイヤ買取ナンバーワンの特徴
  3. 買取り方法を選べる
  4. タイヤ買取ナンバーワン独自のシステム
  5. 入金後24時間以内であればキャンセルも可能
  6. クルマの買取りも行っている??

 

会社概要

会社名 株式会社カイショー
所在地 〒813-0002 福岡県福岡市東区下原4-18-33
電話番号 092-600-1086(受付時間10:00~19:00)
設立年月日 2011年6月1日
代表者氏名 中山 裕介
ホームページ タイヤ買取ナンバーワン公式HP

 

 

タイヤ買取ナンバーワンの特徴

タイヤ買取ナンバーワンはタイヤ等の買取からメンテナンス、販売までの全ての工程を自社のみで行っています。

つまり…

全てを自社で行う事で外注費を抑え、より高い査定額を出せるように工夫しているのです。

 

また、買い取ったタイヤやホイールは出来るだけ早い段階で販売してしまう事で、在庫を少なくしています。
そのようにデッドストックを置かないようにする事で、薄利ながらも少しずつ利益を上げる事が出来るのです。

要するに、高額査定を付けても成り立っていくという事になります。

 

買取と販売のサイクルが効率よく回っているからこそ、高額査定が可能なのです。

 

買取り方法を選べる

タイヤ買取ナンバーワンには、買取方法を選べるという特徴もあります。

まず直接店舗に持ち込んで査定してもらう店頭買取と、担当スタッフが指定場所訪問してくれる出張買取があります。

このシステムに関しては、店舗の近隣に住んでいる人にとっては非常に助かりますね。

 

また電話で査定を申し込む電話買取や、Webの査定フォームから申し込む通信買取も出来ます。

この両者に関しては、遠方住まいのあなたでも利用出来ますね(*^▽^*)

持ち込み査定の場合には査定額をアップしてくれるので、近隣に住んでいる人は断然持ち込みがお得でしょう。

またネット買取や電話買取は全国対応なので、全国どこに住んでいても利用する事が可能です。

 

さらにはタイヤなどを送り返す際の送料も無料です。

 

タイヤ買取ナンバーワン独自のシステム

一般的な買取店の場合、自社スタッフが査定などを担当して、更に自社の中で査定額の決定をするのがセオリーです。

しかしタイヤ買取ナンバーワンの場合、お客さんの担当をするのは交渉代理人という第三者になります。

 

第三者の交渉代理人が査定からずっと一人で担当する事で、何でも安心して相談が出来る環境を作ってくれます。
また市場相場によって変動はありますが、希望金額を予め提示しておく事が出来ます。

 

その希望価格に出来るだけ近づけて、満足出来る取引にするのが交渉代理人の役割なのです。

中立な立場から、お客さんの身になって真剣に交渉を行ってくれるのが特徴と言えます。

 

※この交渉代理人は、タイヤ買取ナンバーワン独自のシステムなのです。

 

入金後24時間以内であればキャンセルも可能

通信買取などで気になる事といえば、キャンセルしたい時はどうなのかという場合でしょう。

その点ではタイヤ買取ナンバーワンは非常に良心的、なんと入金後24時間以内ならばキャンセルが可能なのです。

 

慌てて査定をして決めたものの考え直し、やはり売るのはちょっと…という場合にはキャンセルが出来ます。

ただしこの場合は売主都合にあたるので、送料はこちらで負担する必要があります。

また、価格保証※があるので、二重査定などで買取価格が下がってしまう事はありません。

この様に取引する上で大切な安心感も、タイヤ買取ナンバーワンの評価が高い理由の一つでしょう。

 

価格保証とは、査定後に金額の変更はしないという保証です

 

クルマの買取りも行っている??

あまり知られてはいませんが、タイヤ買取ナンバーワンでは実は中古車の買取サービスも行なっています。

 

一般的に、カスタムパーツなどで改造したクルマは査定額が下がりやすく、中々金額が上がらない傾向にあります。
しかしタイヤ買取ナンバーワンではこのカスタムパーツなどを販売出来るので、改造車も高値がつきやすいというメリットがあるのです。

 

ただし中古車買取はタイヤやホイールのように通信買取出来る物ではないので、福岡県内のみのサービスとなっています。

 

デメリットがあるとするならば

これまでタイヤ買取ナンバーワンの特徴やメリットについてお話してきましたが、デメリットはあるのでしょうか??

 

デメリット…無いわけではありません。

 

強いて言うならという括りで、デメリットも紹介していきましょう。

 

タイヤは4本セットでないと高額買取は望めない

タイヤ買取ナンバーワンでは、タイヤの買取を1本からでも行っています。

しかし実際は車を買い替える際は4本同時に買う人が多いのが現状です、なぜならクルマのタイヤは4本がほとんどですからね(;^_^A

そのため、1本で査定に出すのと、4本セットで査定に出すのとでは買取額に大きな差が生じます。

 

もし1本だけで売ろうとしている場合は、セットよりも損になる可能性か高いと認識しておきましょう。
特にホイールは1本だけだと需要がかなり下がるので、出来る限り4本セットでの査定の依頼をオススメします。

 

タイヤ買取ナンバーワンの口コミ

 

少し走った段階で車を買い替える事になり、古いホイールは売ってしまおうと思って査定しました。
走ってしまったので査定額は期待していませんでしたが、無事希望通りの金額になって大変満足しています。
頑張ってくれた交渉人のスタッフの方、ありがとうございました。

 

新車購入時にホイールを変えたくて、今まで付けていたものは周囲の評判も良かったタイヤ買取ナンバーワンに決めました。
かなり良い金額を付けてもらえたので、新しいホイール購入の足しになったと思います。
持ち込みで少しお得にしてくれたので、非常に満足です。

 

調べてみた結果、悪い口コミはこれと言って見つかりませんでした。

スタッフの対応や、お得になるシステムなどを評価されていますね(*^-^*)

 

タイヤを高く売る為のコツ!!

タイヤが売れる時期は夏冬タイヤの交換時期です。

それ以外の時期は売れるまで販売店側で在庫として保管することになるので、その分査定は低くなります。

 

夏タイヤが売れるのは冬タイヤから夏タイヤに交換する3月頃、冬タイヤが売れるのは夏タイヤから冬タイヤに交換する12月頃が最も需要が高くなるので、自分が売ろうとするタイヤに合わせて高需要期に査定を依頼しましょう。

 

タイヤ買取ナンバーワンをオススメ出来るのはどんな人?

 

オススメ出来る人

タイヤ買取ナンバーワンをオススメ出来る人は、比較的綺麗で新しいタイヤやホイールを売却したい人。

4本セットでの持ち込みだとより高い金額をつけてもらえる可能性が高いので、福岡県の店舗近隣に住んでいる人にはおすすめの業者でしょう。

 

また、クルマの買取に関しては、改造したクルマを売りたいと考えている人にもおすすめです。
タイヤ買取ナンバーワンは自動車パーツも買い取っているため、カスタムパーツが沢山ついていると高評価になる事があります。

 

オススメ出来ない人

タイヤ買取ナンバーワンをオススメ出来ない人は、タイヤやホイールが4本セットにならない人。

また使い古したタイヤしか無い人にはオススメできません。

タイヤは4本セットが需要が一番高いので、在庫として残りにくい傾向にあります。

もし3本しか無い場合だと査定額は大きくダウンして、さらに比較的新しくないと高額査定は付けてもらいにくいでしょう。

また出張買取では4本揃っていないと対応してもらえないので、注意してください。

 

まとめ

「タイヤ買取ナンバーワン」は何処よりも査定額が高く、何処よりもお客さま満足度の高い。

そんな買取専門店を目指すという高い志があります。

 

累計査定実績が20万件を突破し、実績も充分あります。

当たり外れはあるかもしれませんが、複数の査定依頼先の一つとして検討する価値はあると思います(*^▽^*)

 

くろぼんの独り言

タイヤと言うと思いだす…。

私が若かりし頃乗っていたクルマ「RX-7(FC3S)」は私自身がお金がなく、タイヤ交換も出来ずに乗っていました。

山は「ほぼゼロ」のスリック状態(;^_^A

しまいにゃワイヤーまでむき出しになる始末…。

さすがにこのままじゃ危なすぎるという事で、同じ寮に住んでいた先輩にお金を借りて安いタイヤを買い替えた思い出があります。

あれ??

あの時借りたお金…返したっけ…? 返したような… 返してない様な…

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ