車の座席は寝心地が悪い…オンリースタイルの車中泊専用マットの評判や口コミ

~車中泊 オンリースタイルの車中泊専用マットの評価や口コミ~

 

あなたは「車中泊」はしたことありますか??

まだ車中泊は未経験だけど興味のある方や、車中泊のベテランの方でも参考になるネタをご用意しました( *´艸`)

 

今回は車中泊の必需品「車中泊マット」について、お話していこうかなと思います。

今後の車中泊ライフに必ず役に立つので、是非参考にして見て下さい(*^-^*)

 

車の座席は寝心地が悪い…

車中泊という事は、クルマの中で寝るという事になりますよね。

しかしクルマの座席で乗るのは、正直寝心地のいいものではないですよね~。

 

ワンボックスであれば座席を全部倒して(フルフラット)しまえば、寝る場所は確保できるとは思いますが

上記の写真の様にシートの構造上、全くのフラット面にはならないのです!!

 

つまりはシートの段差でボコボコになっている所で寝る事となります、これが何気にストレスで中々寝付けない原因なんですよ。

どうせなら車中泊でも朝まで熟睡していですよねぇ~~(*^-^*)

 

車中泊マットは車中泊の救世主!!

そこで役に立つのが「車中泊マット」なのです!!

車中泊マットは車中泊の快眠をアシストしてくれる救世主なのです!!

 

すみません、前置きが長くなってしまいました(;^_^A

そこで今回は車中泊マットの中でも圧倒的な支持を得ているオンリースタイルの車中泊マットを紹介していきますね(^-^)

 

オンリースタイル車中泊マット



「オンリースタイル車中泊マット」は、車中泊専門店であるオンリースタイルから販売されている【車中泊専用のマット】になります。

 

特徴としては、あくまで「車中泊専用」に設計され開発されたマットという事です。

一般的な「家具用」の代用品ではなく車中泊専用として設計されているので、クルマの中でも快適な眠りにつくことが出来るマットとなっています。

 

「ワイドサイズ」では1枚で小~中型のクルマに対応出来ますし、大型のミニバンであれば「標準サイズ」をマジックテープで2枚つなげる事で対応出来ます。

これで車内の快適さがアップし、のんびりとくつろげる空間が確保出来ます(*^▽^*)

 

サイズは2種類

先にもお話しましたが、オンリースタイルのマットには2つのサイズがあります。

 

使用用途で分けるとするならば、1人用の「標準サイズ」と1~2人用の「ワイドサイズ」と言う感じになると思います。

 

サイズの比較

標準サイズ 縦 約198cm × 横 約66cm × 厚さ 約10cm
ワイドサイズ 縦 約198cm × 横 約100cm × 厚さ 約10cm

 

どちらも長さは約198cmと同じですが、ワイドサイズは中型のミニバンであればぴったり収まる横幅の設定になっています。

またマットの厚さに関しては、シートの段差でも快適に寝られる様に10cmの厚さを確保しています。

この10cmの厚みが車中泊を快適なものにしてくれるのです!!

 

オンリースタイル車中泊マットのオススメポイント

オンリースタイル車中泊マットのオススメポイントをまとめてみました。

以下のポイントにしっかり目を通してくださいね(^-^)

 

  1. 勝手に空気が入る
  2. 厚さ10cmでシートの凸凹を解消
  3. コンパクトに収納できる

 

勝手に空気が入る

オンリースタイル車中泊マットは「エアーマット」になります。

そして本来のエアーマットなら、ポンプを使用して地道に空気を入れていく作業が待っているのです。(これが結構地味に大変なんですよね)

 

しかし!!!

 

このオンリースタイル車中泊マットはバルブを開くだけで、なんと勝手に空気が入っていくのです!!!Σ(・□・;)

これって凄くないですか?!

 

これならそんなに狭い車内でも待ってく問題なく、しかも疲れることなく簡単に準備が出来ちゃいますね~。

 

厚さ10cmでシートの凸凹を解消

シートの凸凹を回避する為には、それなりにマットの厚みも必要になってきます。

先にもお話しましたが、オンリースタイル車中泊マットは厚みが約10cmあるのが特徴です。

 

しかしいくら厚みがあっても、それなりの「硬さ」がないと意味が無いですよね。

 

その点でも優れモノのオンリースタイル車中泊マットは【高密度ウレタンフォーム】を使用しているので、適度な硬さで安眠を保証してくれます。

 

コンパクトに収納できる

もう一つ気になるのは「使用後の収納」についてではないでしょうか??

広げたらそれなりに大きいし、どのくらい小さくなって収納できるのか…これも検討のポイントになってくるでしょう。

 

オンリースタイルの公式HPの情報では

直径:約20cm

長さ:約73cm

 

と表記されているので、イメージ的にはキャンプ用のテントくらいのサイズで収まる感じでしょうか。

これなら車中泊で荷物が多くなったとしても、収納には困らないレベルだと思います(*^-^*)

 

唯一の欠点としては…

ここまでモリモリと褒めちぎってきた車中泊マットですが…、私的には唯一の欠点も存在します。

 

それは…

お値段が少々お高いこと。

 

標準サイズ1つの値段は、税込みで¥17,280

家族や恋人同士で使うのであれば、2つ購入する事になるでしょう。

2つ購入する場合は割引が適用されますが、それでも税込み¥32,400

 

広い方のワイドサイズは1つで税込み¥23,480…

 

長く使う事を考えればこの金額でも仕方ないのでしょうが、車中泊で3万円近くと考えると

そのお金で結構イイ所の宿に宿泊出来ちゃうなぁ~なんて思ってしまいます(;^_^A

 

オンリースタイル車中泊マットの口コミ

実際に使用しているユーザーの口コミも紹介していきましょう。

 

今まで多くのマットを試してきましたが他のものとは比べ物にならないくらい快適に睡眠をとることができました。

使わないときはコンパクトに収納でき、便利です。

買って良かったです。

 

しっかりとフィットしてとても寝心地が良かったです。

厚みがしっかりしていて、ちょっとした昼寝にも使えて便利です。

今後も利用していきたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

今回は「オンリースタイル車中泊マット」について色々とお話させてもらいました(*^-^*)

やはり勝手に空気が入る事と、思った以上にコンパクトに収納できる部分が私の中では最大のポイントですね。

 

しかし…お値段的な部分も正直懸念ポイントでもあるので、その辺りをクリアできる方であればメチャクチャおすすめします!!!

 

公式サイトでも色々なお役立ち情報が掲載されているので、是非とも参考にして見て下さいね(*^。^*)

 

 

くろぼんの独り言

車中泊は…楽しいですよね~~( *´艸`)

私なんかは少し遠出する時などは、夜のうちに出発して現地近くの「道の駅」などで車中泊する事が多いのですが

夜中に着いて寝る準備もそこそこに軽く飲み食いするのが最高に楽しいんですよ!!(*‘ω‘ *)

 

車中泊も周りに迷惑がかからない様に、楽しく過ごしましょうね~

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ