【車購入】クルマを安く買うにはどうしたらいい?ベストなタイミングは?

~車購入 クルマを安く買うにはどうしたらいい?ベストなタイミングは?~

 

クルマの購入を検討する際に、安く買える時期はあるのか考えた事はありますか?

またあるとしたらいつなのか、と疑問に思ったことはありませんか?

 

クルマには、ディーラーや販売店などによって安く購入しやすくなる時期があります。

それだけではなく、購入するタイミングによっては節税につながることもあるんです!

 

そのため、できるだけコストを抑えたい方は購入するタイミングを慎重に判断することが大切です。

何度も乗り換える事の出来ない大きな買い物だからこそ、色々な情報を基に慎重に考えたいですよね。

 

そこで今回はクルマを購入するオススメの時期はいつなのか、クルマ業界や世間の事情と合わせて説明していこうと思います(*^-^*)

是非とも今後の参考にして見て下さいね!!

 

 

クルマを安く買える時期って?

 

では早速、クルマを安く買える時期についてお話していきましょう!!

いくつかのセクションに分けましたので、そのセクションごとに説明していきますね(*^-^*)

 

  • 決算期
  • 中間決算期
  • ボーナス期
  • 月末
  • モデルチェンジのタイミング

 

決算期

決算期というのは、販売店の1年間の売り上げと利益を計算するために区切られた期間の最後の月を指します。

クルマをお得に購入するにあたって、1年間のうち最もねらい目となるのが「年度末の決算期である2~3月」です。

 

販売店やディーラーは、それぞれの店舗で「年間の売上目標」が決まっており、その目標達成の為1年で最も販売促進に力を入れる時期と言えます。

 

実際に主要国内メーカーは、決算期を迎える3月の新車販売台数がダントツ多い状況となっています。

新車が売れる時期という事は、登録車である未使用車の流通量が増えたり、下取り車が増え中古車の選べる幅が広くなります。
これも決算期がお得と言われる理由です。

 

注意したい点は新車の場合、3月中に名義登録を済ませなければ売上とならない為「3月ギリギリの購入はオススメできません」。
遅くとも2月中旬までには購入を、検討はその1ヶ月半~2ヶ月前から始める事が必要です。

 

また、納期に時間のかかるクルマも注意した方が良いでしょう。

 

希望の車種が決まっている場合には納期を事前に確認しておく事をオススメします。
クルマ探しが年度末近くになってしまった場合は現品にはなりますが、すぐに登録・納車が出来る未使用車や中古車がオススメです。

 

中間決算期

次にクルマが安くなりやすいと言われているのが、中間決算期にあたる9月です。

この時期も2月や3月の決算期と同様の考え方で、販売店やディーラーが前期の売上伸ばす為に販売促進をおこないます。

 

しかし、年間を通してみるとかなり安く購入できる時期とはいえ、中間決算期よりは年度末の決算期が重要視されることが多く、2月や3月ほどの値引きは期待できません。

 

ボーナス期

クルマの値引きが行われるのは基本的には販売店やディーラーの業績に関わる時期ですが、他にも購入しやすい時期としては「ボーナス期」があります。

 

クルマという高額な商品を購入するにあたって「ボーナスをローンの頭金する」まとまったお金があった方が決断しやすいという購入者側の心理も働きます。

その影響でボーナスが支給される時期である6月や7月に、販売店やディーラーはキャンペーン等を打ち出す事で購入しやすい状況を作り出しています。

 

月末

月末もその月の販売台数を達成させる為に特別な目玉車両や限定のキャンペーンを打ち出す場合もあります。

 

思いも寄らない好条件が出てきた時に決断することが出来るよう、事前に下調べをして準備しておくと良いでしょう。

また、12月は1年の締めくくりとして、他の月に比べて売り上げ目標が高めに設定されていることもあります

 

年末に「歳末セール」と賑やかに販売しているのをみたことがある方もいるのではないでしょうか。

業績良く1年を締めくくりたいと活気たっているので、お得に購入できる時期のひとつです。

 

モデルチェンジのタイミング

モデルチェンジがあるタイミングもオススメです!

 

クルマの購入時期を考える際は、希望車種のモデルチェンジの有無についても確認しておくことをオススメします。

モデルチェンジ直後は旧モデルが安く買えるケースが多いため、最新モデルでなくてもいいという場合にはお得に買うことができます。

 

しかし、最近はモデルチェンジのスパンが5~7年と長い傾向にあるので、安く購入できるタイミングを待って買い時を逃してしまうことのないように注意が必要です。

 

税金の事も頭に入れておきましょう

 

クルマの購入や維持には、さまざまな税金がかかります。

中でも自動車税は購入時期によって課税額が変わるため、費用を抑えることにもつながります。

 

また、普通自動車か軽自動車かによってもルールが異なるため、それぞれにかかる自動車税について見ていきましょう。

 

普通自動車の場合

自動車税は、クルマの所有者に対して毎年4月1日に課税されます。

また、年度の途中で購入した場合に課税対象となるのは、クルマを購入した翌月以降になります。

 

つまり、月の初めに購入すると、約1ヵ月分の自動車税の負担がなくなることになります。

そのため、月末よりも月の初めに購入したほうがお得といえるでしょう。

 

軽自動車の場合

普通自動車の自動車税は月割りで請求されるため、節税対策ができるのは1ヵ月間だけです。

しかし、軽自動車の場合は年単位で課税されるため、購入してから次の4月1日になるまでは、自動車税は課税されません

 

つまり、軽自動車を3月に購入した場合はすぐに課税のタイミングとなりますが、4月2日以降に購入すると次の4月まで自動車税の支払いはありません

 

 

 

 

 

次のクルマを狙うタイミング

 

正直な所、クルマ選びにはかなりの時間がかかります。

高い買い物なので、焦らずしっかりと自分の理想と向き合って決める事が大切です。

 

まずは下記の4つのポイントについて考える事が大事になってきます!

 

クルマ選びのポイント
  • 予算はいくらか
  • 用途に合う車種は何か
  • 新車、未使用車、中古車の中からどれを選ぶのか
  • どのディーラー、自動車販売店で購入するのか

 

予算や車種を決め、色々なディーラーや自動車販売店を見て回るとすると最低でも1ヶ月半~2ヶ月程度はかかります。
つまり、オススメの購入時期からクルマ選びをはじめるのではなく、1ヶ月半~2ヶ月前から始めると焦ることなく購入ができます

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は「クルマを安く買うにはどうしたらいい?」についてお話させて頂きました(*^-^*)

 

焦らずしっかりとタイミングを見計らう事で、お気に入りのクルマが通常よりも安く手に入る可能性は高いです!!

税金の兼ね合いもあるので、少しでもコスパを重視するのであれば更に慎重に進めましょう(*^▽^*)

 

あとはとにかく時間に余裕を持って動く事。

これに尽きます!!

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ