【2022年】最新版!おすすめカーリース会社を比較してみよう!

~2022年 最新版!おすすめカーリース会社を比較してみましょう!~

 

「カーリース」最近のクルマを所有する新しいカタチとして、ここ数年で一気に知名度が上がっています。

カーリース業界に参入してきた企業もかなり増えてきましたね!!

 

そこで今回はおすすめのマイカーリースを扱う会社を比較してみようと思います(*^-^*)

 

カーリースの利用を検討してるあなたは、是非とも参考にして見て下さい!!

 

カーリースが普及したきっかけ

 

カーリースの歴史は意外と長く、実は1960年代頃から既に行われていたサービスです。

 

ただしカーリースの開始当初は主に法人向けに行われていたサービスで、一般(個人)向けにはあまり馴染みのないものでした。

しかし自動車会社などが徐々に一般向けのカーリースのサービスを開始しはじめて、それに便乗するかのように廻りの企業も次々とカーリースサービスを始めるようになりました。

そのため、現在では一般向けのカーリースも認知され始めユーザーも急激に増えているのが現状です。

 

カーリースの人気の理由

 

何といってもカーリースの一番の魅力は「頭金不要で新車に乗れる」これではないでしょうか!!

 

本来新車を購入するとなれば頭金は必要不可欠になります。

仮に頭金無しでも購入は出来るでしょうが、新車を頭金無しのフルローンで購入となれば月々の支払額は間違いなく高額なものになるでしょう…。

 

そもそもローンの審査すら厳しくなる可能性も考えられます。

 

そして更なる魅力としては月々の支払いが定額制で、なおかつその定額の中にクルマの維持費も組み込まれているという点。

これも非常に魅力的なポイントではないでしょうか!

 

本来であれば月々のローンの他にも保険料・税金・メンテナンス費・車検代など、いろいろなお金がかかります。

そのせいで「今月…厳しいなぁ…」って事もしばしば(私も経験があります)

 

しかしカーリースは月々の支払いの中に各種税金保険料整備費用(車検)も含まれているので、毎月の支払以外の出費が無い!!という事になります。

 

上記の事を踏まえて考えるとカーリースが人気な理由が一目瞭然ですよね(*^▽^*)

 

カーリース会社6社の比較

今回はカーリース事業に参入している下記の6社を比較していきます、ラインナップは以下の通りです。

 

  • KINTO
  • コスモMyカーリース
  • リースナブル
  • SOMPOで乗ーる
  • MOTAカーリース
  • ニコノリ

 

KINTO(キント)

 

KINTO(キント)はトヨタグループが運営しているカーリースです、トヨタグループなだけに選択車はトヨタ・レクサスのみとなります。

必要な維持費は定額料金の中に含まれているので(税金・保険・整備等)後は駐車場代と燃料代でOK!!

 

リース期間は短期になるので、短い期間でいろんなクルマを利用したい人にもおすすめです( *´艸`)

つまり!!トヨタフリークの方がカーリースをお考えなら、このKINTOでほぼ決まりではないでしょうか??

 

 

定額支払い料金 ¥14,630~
車種メーカー トヨタ・レクサス
定額支払い料金詳細 自賠責保険・任意保険・税金各種・メンテナンス(車検)・登録費
リース期間 3年・5年・7年(レクサス3年のみ)

コスモMyカーリース


コスモMyカーリースはガソリンスタンド大手のコスモ石油が運営しているカーリースです。

ガソリンスタンドの利点でもあるガソリン代が割引になる特典もあります。

 

選択車に関しては国産であればすべてのメーカー・車種に対応しているので、幅広く車種を選ぶ事が出来ます。

 

 

定額支払い料金 ¥8,140~
車種メーカー 国内メーカー全てに対応
定額支払い料金詳細 各種税金・登録費・メンテナンス ※プランによる
リース期間 3年・5年・7年・9年

 

 

リースナブル

 

リースナブルは株式会社三和サービスが運営しているカーリース です。

Jux Orico年間総合グランプリで1位を獲得するなど、非常に評価の高いカーリースです。

 

特徴としてメーカー保証とスピード納車をウリにしています。

 

 

定額支払い料金 ¥6,600~
車種メーカー トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・ダイハツ
定額支払い料金詳細 各種税金・保険・メンテナンス・登録費
リース期間 3年・5年

 

SOMPOで乗ーる


SOMPOで乗ーるは、SOMPODeNAが提供するカーリースサービスです。

 

輸入車も利用出来るので、輸入車に乗りたいという方におすすめです。
専任の担当者が契約満了までサポートしてくれるので、あまり知識のない方でも安心して利用出来ます。

 

定額支払い料金 ¥12,320~
車種メーカー 国内メーカー全て・輸入車
定額支払い料金詳細 各種税金・自賠責保険・車検代・登録費
リース期間 3年・5年・7年・9年

 

MOTAカーリース

 

MOTAカーリースはMOTA(モータ)が運営するカーリースです。
追加料金なしで契約満了時に車がもらえ、最長で11年契約が可能です。

車検・税金・メンテナンス費用がコミコミで分かりやすく、家計の管理も安心です。

クルマがもらえるほか、走行距離制限がないことが特徴と言えるでしょう。

更にはカスタムが自由にできることなど、業界の常識を打ち破ったカーリースとなっています。

 

 

定額支払い料金 ¥5,940~
車種メーカー 国産メーカー全車種(商用車除く)
定額支払い料金詳細 各種税金・自賠責保険・登録費
リース期間 3年・5年・7年・11年

 

ニコノリ


なんとニコノリは、2020年の日本マーケティングリサーチ機構の調べによるカーリース部門において、以下の3冠を達成したカーリースです。

  • サービスが充実しているカーリース
  • おすすめのカーリース会社
  • 価格が納得できるカーリース

 

 

定額支払い料金 ¥5,500~
車種メーカー 国産全メーカー・全車種
定額支払い料金詳細 各種税金・自賠責保険・車検代・登録費用
リース期間 3年・5年・7年・9年

 

 

 

何を基準に選ぶのが良いのか

 

ここまではカーリース会社を6社ほど紹介してきましたが、問題は…何を基準にして選んだら良いのか

各社とも会社独自のサービスや料金体系で正直悩んでしまう所だと思います。

 

私の個人的な考えとしては(あくまで私の考えですww)以下の様な点を考えます。

 

  • どんなクルマに乗りたいのか
  • どのくらいの期間リースしたいのか
  • メンテナンスはどこまでサポートしてくれるのか

 

やはり乗りたいクルマによって選ぶ会社は変わってきますよね。

カーリースは購入するのとは違いリース会社からクルマを借りるスタイルになるので、そのリース会社の取り扱い車種によっては候補車がない可能性もあります。

 

そこはしっかりと見極めておかないと、妥協して好みではない車に乗っても後で必ず後悔する原因になります。

 

乗りたいクルマがあったら次に考えるのが、何年リースしてもらうのか

 

リース期間を長く設定できる所なら、月々の支払いに負担がかからず生活面では支障は少ないと思います。

しかし長く借り過ぎるとクルマ自体が傷んでしまう原因にもなるので、ここもまた慎重に考えて行きましょう。

私的には5年程で無理なく支払いが出来るようであれば、それが一番ベストではないかと思います(*^▽^*)

 

後は私が何気に気になるところは「メンテナンスの内容」ですね。

 

各社メンテナンス(車検)料金も月々の定額料金に含まれていますが、問題はその中身!!

どこまでのメンテナンス料金が含まれているのか、またどこまでサポートしてくれるのか

これも各社細かく違いがあるので、しっかり調べておくのがいいと思います。

 

まとめ

 

カーリースは今後間違いなく新たなカーライフの一つとして普及していく事でしょう。

ですので今必要がない方も、リサーチくらいはしておいても損はないと思いますよ(*^。^*)

 

もし不明な点等があれば、コメント頂ければお答えする事も可能ですよ(*^-^*)

 

数ある中から一つを選ぶのは大変な事ですが、より良いカーライフの為にも妥協せずに素敵な一台を探してくださいね。

 

くろぼんの独り言

最近はこのブログでもカーリースの記事を多く扱うようになりました。

色々な記事を書いていくうちに、本当にどこのカーリースが良いのかわからなくなってきます(笑)

どこの会社も独自のサービスや、特典も盛りだくさんで…

皆さんも大いに悩んで、お気に入りの一台を見つけて見て下さいね(*^-^*)

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ