【中古車買取オークション】SellCa(セルカ)を徹底解析しよう!!

~中古車買取オークション SellCa(セルカ)を徹底解析しよう!!~

 

こんにちは!!

今回は「SellCa(セルカ)」について、お話していこうと思います。

 

セルカは、買取りでオークション方式を採用している企業になります。

このブロブでも以前にお話した、「楽天Carオークション」と同じ方式となります。

 

通常の買取りと何が違うのか?? メリット・デメリットは??

 

この辺りも徹底的に解析していきますので、気になるあなたは是非参考にして見て下さい(*^-^*)

 

 

SellCa(セルカ)とは何??

 

 

クルマを高く売却する方法は、オークションに出品するのが一番です。

しかし基本的にオークションに出品するには、業者の方に依頼するのが一般的な流れになります。

 

一括査定などで申し込みすると、5~10社ほどの買取り屋に査定をしてもらう事ができます。

そのため金額の比較をすることができますが、そこまでの流が非常に厄介で面倒です。

 

一方でSellCa(セルカ)を利用すると、ご自身でオークションに出品することが出来ます。

そのため今までかかっていた中間マージンを省けるために、その分ユーザーに還元できる仕組みになっています。

 

また出品手数料を無料にしているところも大きな特徴です。

 

SellCa(セルカ)の特徴

 

 

まずはSellCa(セルカ)の主な特徴について、まとめてみました。

 

  • 必要最低限のやりとりで売却できる
  • 中間マージンのカットで落札価格に反映
  • オークション成立後のキャンセルは不可

 

 

必要最低限のやりとりで売却できる

SellCa(セルカ)のオークションは、一般的な一括査定サービスのように申し込んだ直後に次々と各社から電話がかかって来ることはありません。

連絡が来るとしたら、以下のタイミングくらいです。

  • 申し込んだ後に担当者から査定店舗の案内と時間調整の連絡

その他として、書類作成や証明書などの準備は必要になります。

 

分からない事があったとしても、窓口に問い合わせができるので安心です。

 

 

中間マージンのカットで落札価格に反映

SellCa(セルカ)はオークション形式にすることで、出品者・落札者ともに中間コストを大幅に削減しています。

 

また全国6,000社の中古車販売業者に関しては

 

  • SellCa(セルカ)への手数料
  • 陸送業者への手数料
  • 業者用オークションへの手数料

 

などを支払う必要がないために、その分高値で入札しやすくなります。

このため、査定業者に依頼をするよりも落札価格が高くなる可能性が高いのです。

 

 

オークション成立後のキャンセルは不可

SellCa(セルカ)でオークションが開始されると「全国6,000社の中古車販売業者」が、あなたのクルマを買う為に次々と入札してきます。

 

オークションでは最低落札価格を指定できるため、あなたが売りたい価格を設定できます。

しかしあまりにも相場からかけ離れた価格を指定すると、オークションは不成立に終わる可能性が高くなります。

基本的には、認定査定士が提示した推奨額あたりを提示しておくと落札される可能性が高いです。

 

なおオークション終了後、落札額が安すぎるなどの理由でキャンセルすることはできません。
どうしてもキャンセルしたい場合には、キャンセル料の支払いが必要です。

 

SellCa(セルカ)での売却の流れ

 

 

ここでは、SellCa(セルカ)を利用して売却する場合の一連の流れを紹介していきましょう。

 

公式サイトの査定フォームに必要事項を入力して申し込み

査定日の日程調整

マイページの開設

査定を受ける

オークションに出品

最低落札価格の設定

オークション開始・成約

売却

 

上記の様な流れになります。

 

まずは公式ホームページの査定フォームに必要事項を入力して、査定申し込みをします。

折り返しSellCa(セルカ)から連絡が来るので、提携店舗を紹介してもらって査定日時の調整をしましょう。

査定を申し込みすると、SellCa(セルカ)公式ホームページにマイページが開設されます。

※マイページは今後の流れや、必要書類を確認するために必要です。

 

査定日には、案内された提携店舗にクルマを持ち込んで査定を受けましょう。
所要時間は30分程度ですが、一応時間に余裕を持っておくと安心です。

 

査定日は「車検証」「自賠責保険」「納税証明書」「リサイクル券」「免許証」を忘れずに持っていきましょう。
その他にも「メーカー保証書」「他社の見積もり」「各種取説」「記録簿」などがあると、さらに査定に有利になりやすいです。

 

査定が終わったら、いよいよオークションに出品します。

ですがその前に、まずは自分のクルマのオークション画面を確認して「最低落札額」を決めましょう。
しっかりサポートしてくれるので、スタッフと相談しながら決めて下さい。

 

出品ボタンを押すと、1日の下見期間を経てオークションが開始されます。
入札があるとその都度マイページのメッセージが届くので、こまめに確認していきましょう。

 

オークション終了後は最高落札額を確認し、設定していた最低落札額に届いていたら売却となります。
ただし、この時にキャンセルは出来ません!!ご注意ください。

 

仮に希望価格に届いていない場合には、SellCa(セルカ)が価格交渉をしてくれます。

そして無事に売却出来たらマイページから承認しましょう。

承認日を含めた3日以内に必要書類を送って、クルマを引き渡します。

落札先の業者が落札したクルマを確認する5日間のうちで、問題がなければ翌営業日に振り込まれるので確認しましょう。

 

SellCa(セルカ)のメリット・デメリット

 

 

物事には必ず「メリット・デメリット」はつきものです。

ここではSellCa(セルカ)のメリット・デメリットについて、お話していきましょう。

 

メリット

 

  • しつこい営業電話はかかってこない
  • 一度きりの査定で済む
  • 提携業者が多い
  • しっかりしたサポート

 

しつこい営業電話はかかってこない

SellCa(セルカ)への申込み後かかってくるのは、担当者からの査定スケジュール打ち合わせの電話1本のみです。

よく聞かれる、大量の営業電話ラッシュを心配する必要がありません。

 

また、申し込み・査定・オークション開催中は、個人情報が一切業者側には伝えらません。

最終的に最高値で落札した業者だけに連絡先が公開されるシステムになります。

 

一度きりの査定で済む

通常の一括査定の場合は、いくつもの業者に査定をしてもらわないといけません。

またその度に日程調整をして、同じような内容の事を説明しないといけません。

 

しかしSellCa(セルカ)の場合は、査定日時の調整のみの連絡です。

そして査定士から査定さえ受ければ、後はWEB上で愛車の値段が勝手に競り上がっていくというシステム。

 

つまり査定時間を確保するのが「一回」で済み、査定額交渉をする必要もないという手軽さが魅力です。

 

提携業者が多い

SellCa(セルカ)はまだ知名度が低い買取業者ので、提携業者がどれ程の数なのか気になっている人も多いでしょう。
しかし、SellCa(セルカ)は提携業者が6,000社以上と、有名なオークション型買取のユーカーパックに匹敵します。

 

提携業者が多いとそれだけ色々な角度からクルマの良い所を見てもらえて、プラス査定により値段が付く可能性が高くなります。

 

しっかりしたサポート

オークションと言うと、落札後の代金のやり取りなどで不安を感じる人も多くいるでしょう。
しかしSellCa(セルカ)はオークションにおける落札後のお金のやり取りを管理してくれるので、トラブルが起こりにくいのです。

 

落札金額が出品者と提携業者へ向けてオープンになっているため、二重査定や過剰な営業などが発生しにくくなります。

 

また、オークションが初めてで分からないと言う人でも、マイページに「やることリスト」があります。

必要な書類や流れなどが書かれているので、流れについて不安を持っている人へのサポートも充実しているのが特徴です。

 

デメリット

 

  • 一部の大手買取業者が提携していない
  • 一括査定よりも時間がかかる
  • 成約したら手数料が発生する

 

一部の大手買取業者が提携していない

最近の一括査定サイトでは、提携業者に大手の買取業者が名を連ねます。
しかしSellCa(セルカ)の場合、大手買取店であるガリバービッグモーター提携業者から外れているのです。

 

買い取った車を直接販売するような買取店は、そもそもSellCa(セルカ)などのオークションで落札する機会自体が少ない傾向にあります。

この様に一部の大手買取店提携していないと言うのは、デメリットとなるかもしれません。

 

一括査定よりも時間がかかる

一括査定の場合では、査定から最短で即日買い取ってもらう事が可能です。

しかしSellCa(セルカ)はオークションに出品する関係で、一括査定よりも売却するまで時間が掛かります。

買取相場よりも高い金額で売れる可能性がある代わりに、売却までは一定の期間が必要なのです。

だいたい2週間くらいは掛かるケースが多いので、スケジュールに余裕を持たなければなりません。

 

成約したら手数料が発生する

SellCa(セルカ)は、オークション自体は無料で行なえます。
しかし落札されて売却が決まった時点で、仲介手数料として¥11,000(税込)を支払う必要があります。

 

しかし考え方によっては、オークション代行から書類なども全てお任せして行なえる為、手数料を安く感じる人もいるでしょう。
仮に買取相場よりも高く売却が出来れば、手数料が掛かったとしても全て無料の一括査定よりお得になる場合もありますからね。

 

SellCa(セルカ)の口コミ

 

 

では、実際にSellCa(セルカ)を利用されたユーザーの口コミを紹介していきましょう。

利用者のリアルな声が、一番説得力がありますからね!!

 

高評価の口コミ

 

「一括査定を使っても、全然査定額がつかなかったオンボロの車が、セルカで12万円で競り落されてびっくりした。なんでも最高落札業者の担当者によると、海外への輸出をするのだそう、もう廃車しかないかな・・・、とあきらめていた愛車が海外デビューなんて、うれしい限りです。」20代男性

 

「セルカは本当にサポートセンターの対応がいい。車を売る時に必要な書類がわからなかったので、事前にメールで問い合わせてら、20分も立たないうちに詳しいアドバイスをしてくれました。もちろん、落札結果も下取り見積もりよりかなり高額だったので、とても感謝しています。」30代女性

 

「本当に全く営業電話がかからないので、本当にたくさんの業者が見てくれているのか心配になるほど携帯電話が静か。ちなみに査定に出したのはBMWのゴルフ・赤、走行距離は年式なりでガリバーでは40万円、ビッグモーターでは44万円の査定でしたが、こちらでは56万円で競り落とされたので、1万円の成約手数料を払っても断然得でした。」20代女性

 

「セルカスゲー!、自分の車の値段がどんどん上がっていく様子は、エキサイティングで大興奮でした。結果的に下取り見積もりより20万円近くアップしたので、とても満足です。」30代男性

 

 

イマイチな口コミ

 

「セルカは申し込みのあと、マイページでの登録や落札額設定がややこしいので途中でやめちゃいました。もう少しシステムとして成熟しないと、ユーザーからの評価を得られないと思います。」30代男性

 

「結婚を機に、購入して3年ほどしかたたない、ホンダN-BOXを売ることにしました。人気のある車なので高く競り落とされるだろうと、少し強気の落札希望額を設定したのですが、高かったからかもしれないけど1件も入札が無かった。でも、適切な落札額なんて素人には決められん!プロが集まる一括査定の方が手軽だし、結局得だと思います。」20代男性

 

「私の場合は落札価格が希望に届かなかったので、業者と直接交渉に移行したのですが、結局業者の言い値でしか売れませんでした。わざと入札額を抑えて安く買い叩く業者しかいないのであれば、正直セルカは質の悪い業者の集団でしかないのでは?」40代女性

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

今回はオークション買取りの「SellCa(セルカ)」について、お話させて頂きました(*^-^*)

 

一括査定程のスピード感はありませんが、買取り額は「未知数」ではないかと思います。

何故ならオークションで自分の乗っているクルマがどうしても欲しい業者がいた場合、相場なんて簡単に覆るからです!!

 

一攫千金ではないですが、少しでも未知数を狙いたいと考えているのであれば…

オークションでの買取りをおすすめします(*^▽^*)

 

 

くろぼんの独り言

元クルマ買取り店の店長の立場から言わせて頂くと…

オークション買取りは、正直「激アツ」な市場だと思います。

 

私が店長をしていた頃にも、店舗独自のサービスでオークション代行を何回も行ったことがあります。

その際、ほとんどのクルマが相場を大きく上回る金額で落札されていました。

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ