トラブル

クルマ買取り業者とのトラブルのポイントをまとめてみました

  • コピーしました

クルマを売却しようと考えた時に、まず最初に頭に浮かぶことは「どの業者に売るべきか」と言う事ではないでしょうか??

 

ここ数年でクルマ買取り専門業者もかなり増えてきた事に加え【車を売る】という事はそう頻繁にある事ではありませんので、実際にかなり悩むポイントになると思います。

クルマ買取り業者の比較レビューなどはいろんなサイトで紹介されているので、ここではクルマ買取り業者との間で起こりうる「トラブル」のポイントをまとめてみました。

 

愛車を売却する際にトラブルに巻き込まれたり、後味の悪い結果にならない様にするためにはどうしたらいいのか??是非とも参考にして頂ければと思います!!

 

 

買取り商談時のトラブルを回避する為に

 

クルマだけに限らずどんな物でも商談にはトラブルが隣り合わせです

それなりに大きなお金が関わってくるお話になるので「最後まで気持ちよく取引する」為にトラブルの素になる要素は理解しておいて損はないと思います。

 

トラブルの発生するポイントは大きく分けて2つあります、それは契約前の段階でのトラブル契約後に起こるトラブルです。

その点についてお話していきましょう!!

 

契約前の段階でのトラブルとは

 

  • 呼び込み価格のトラブル
  • 査定(出張査定)費用のトラブル
  • 査定中のトラブル

 

呼び込み価格のトラブル

ネット査定や電話での査定を依頼した場合、そのお客様のクルマを実際に査定したい為(店舗来場や出張査定など)実際の買取りの相場よりかなり高めの金額を提示してくる場合があります。

 

これを「呼び込み価格」と言います。

 

その金額は決して大袈裟なウソの金額ではないのですが、あくまで相場データ上での金額のお話になります。

よってその呼び込み価格を真に受けてしまい実際に査定をしてもらうと「キズが多い」「内装の汚れがひどい」「純正パーツがない」などの理由でどんどん金額を落とされてしまいます。

 

今乗っているクルマの現状での大体の相場だけが知りたい場合であればそれでも構いませんが、売却を真剣に考えている場合には「呼び込み価格」は話半分で聞いておいた方が良いと思います。

 

査定(出張査定)費用のトラブル

ほとんどの場合基本的に査定費用は無料で行ってもらえますが、中には査定費用(出張査定費用)を請求してくる業者もあります

 

なので査定を依頼する場合には査定は無料で行ってもらえるのかどうかを面倒でも事前に確認しておいた方が良いです。

 

査定中のトラブル

査定をしている最中は出来る限りその場にいる様にしましょう

 

なぜなら査定の際に何かの拍子でにクルマに新たなキズを付けられてしまったり、ルームランプやヘッドライト等の消し忘れでバッテリーが上がってしまう事も考えられます。

 

さらには車内の装備品や小銭なんかも無くなってしまったという事例もあります。

その場に居なければいわゆる「やった・やらない」の話になってしまうので、双方の為にも査定士を一人にさせるのはやめましょう。

 

契約後に起こるトラブル

 

  • 引き渡し後の減額
  • 買取り額の入金トラブル
  • 取り外しパーツの確認ミス

 

引き渡し後の減額

買取り金額が確定して契約も完了し車を引き渡してから減額されるケースがあります

査定時にはなかったキズが確認された」「よく調べたら修復歴が確認された」「オイル漏れがあった」などの理由からです。

 

基本的には最初の査定時にプロの査定士が確認して金額が決定するものなので、後から減額されるという事はその時に査定士が「見落とした」項目になります。

 

という事は店側の責任になるので売主側に直接非はないのですが、一つ面倒なのが契約書に上記の様な内容で減額についての記載がある場合は、売主も全て納得したという解釈になってしまうので従わざる負えない状況になってしまいます。

 

なので減額についても事前にしっかり店側に確認をしておきましょう。

 

買取り額の入金トラブル

買取りの契約が済んでも基本的には入金まで多少の時間がかかってしまいます(1週間~10日ほど)

しかし中には書類の不備手続きの混雑などの理由をつけて入金を遅らせてくる業者もあります。

 

これは一番大事なお金に係る事なので「入金はいつしてもらえるのか」「必要書類はどんなものか」をしっかり確認しておきましょう。

 

取り外しパーツの確認ミス

これは稀に起こるケースですが引き渡しの際に売主から「アルミはノーマルに戻してほしい」「カーナビは外してほしい」などの条件付きで契約が決まる場合があります。

 

しかし引き渡した後になかなか連絡が来ないので業者に確認したら「取り外しを忘れてしまいそのまま次のオーナーに販売してしまった(オートオークションに流してしまった)」と言った話も聞いた事があります。Σ(・□・;)

 

これはかなりの大問題ですよね!もはや事件です!!

 

いくら店側の責任とは言え、売れてしまった物は基本的にはもう戻す事は出来ません。

今まで長年連れ添って次のクルマにも使おうと思っていた大事なパーツを売られてしまった…そんな事にはならない様に、しつこいくらい確認はしておいた方がいいです!!

 

まとめ

トラブルを回避する為には「契約書をしっかり読んで内容を確認する」「不安な点や不明な点は後回しにせず事前に確認する」事が必須項目になってくるのではないでしょうか!

 

また後々のトラブルを避けるためにも不安な点に関しては業者側に一筆書かせるのも一つの手だと思います。

以上の内容を参考にして頂き、有意義な買取り商談を行える様にしておくことが大事になります。

 

くろぼんの独り言

私はクルマ買取り屋の店長をしていたことがあるので、正直このような相談をたくさん受けた事があります。

「〇〇〇でクルマを売ろうと思ったんだけど、金額を下げられてしまった」「クルマを先方に渡してしまってから、金額を下げられてしまった」など…

 

そんなときはどうするの??

 

って気になる方もいると思います(*^-^*)

そんな時に私が起こした行動は…

簡単です!! そのお客様のクルマを取り戻しただけです( *´艸`)

相手の連絡先をお客様に聞き、私が直接連絡をし交渉して、クルマを取り戻す!!

時間もかかるし正直結構大変な作業ですが、その方法で3台程クルマの取返しに成功した経験があります(*^▽^*)

 

あの頃は…よくやったよな~俺!!

 

  • コピーしました

この記事を書いた人

くろぼん

くろぼんと申します。 自動車販売店・自動車買取店の店長の前歴を持ちながら 現在はとある業種の事務方をやっております。 主に初めての自動車に関する出来事について自分が思った事や、あなたに伝えたい事・あなたが知りたい事・豆知識などを発信していきます。 何か少しでも今後のお役に立てばこれ幸いでございます(*^-^*)

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
今注目のカーリース!!
輸入車売るならココ!!
何となく分けてみました
Brother Blog Site

ポチっとして頂けるとブログ更新の励みになりま~す
にほんブログ村ランキング

Twitter Time Line
過去記事のかずかず